ブログを思わず読んでしまうのはなぜか?出会い系アフィリエイトで稼ぎたいなら実践していきましょう

出会い系アフィリエイトブログを訪問者が思わず読んでしまう方法とは?

 

あなたが誰かのブログやサイトを訪問した時に、最後まで読もうかそのまま閉じてしまうかどのように決めていますか?

 

おそらくまずはサイト全体を下まで流すようにぼんやりと眺めて、その後ヘッドコピーやサブコピーなど強調されている部分を見て、自分に利益がありそうなサイトなら読み始める

 

という感じではないしょうか?

 

ブログやサイトの内容が良くても、読んでもらうという行為に至るまでには越えなければならない壁があります

 

ヘッドコピーで興味を惹きつけて、眺めて見てもらう方法は前回お伝えさせていただきました。

 

今回は出会い系アフィリエイトブログを訪問者が思わず読んでしまう方法です。

 

その方法とは・・・

 

ヘッドコピーで興味を持ってもらって、サイトの下まで行く間にサブコピーで伝えたいことを強調しつつ、読み手のイメージを膨らませる

 

という方法です。

 

出会い系アフィリエイトブログを読んでいると、小さい文字で長く書いてある文章は、よほど興味を持ってもらった人しか読みませんが、

 

ヘッドコピーやサブコピーなどの意図的に強調されている部分は、流し読みでも目に飛び込んでくる

 

ので、読み手も意識しなくても頭に刷り込まれていきます。

 

出会い系アフィリエイトブログで言えば、ヘッドコピーで膨らんだ女の子に会えるというイメージを、サブコピーで女の子に会う方法やあなたのメッセージで、読み手が出会い系サイトで女の子に会えるイメージをどんどん膨らませてあげることができれば、その後あなたのブログを真剣に読んでくれるはずです。

 

ヘッドコピーで興味を持ってもらったイメージを持続させるためにサブコピーやイメージ画像を挟んでいくわけですが、下に読み進めている間に文字だけの何もない部分が長く続くと、読み手も飽きてしまいます。

 

飽きさせないためにも、ページを下に読み進んでいく途中の切り替わり部分や話の流れが変わる部分など、要所要所でサブコピーを入れて読み手のイメージを膨らませていきましょう。

 

特に意識してほしい部分は、

 

流し読みされることを前提に考えて、サブコピーだけで意味がわかり、読み手の利益や読まないことへの不利益がわかるようにしてください

 

サブコピーで強調してほしいことは次の項目です。

 

・ブログを読むことによるメリット

 

・ブログを読まないことによるデメリット

 

・読み手が知りたいと思われることを先にサブコピーで言ってしまう

 

・興味や関心を持ってもらうためのわかりやすいフレーズで惹きつける

 

・ネットで女の子に出会うことへの疑問を投げかける

 

・ネットで女の子に出会うことの疑問の回答をサブコピーで答える

 

・このまま生活(モテない生活や童貞生活)を続けることへの将来のリスクを伝える

 

・女の子に会うことがすべてじゃないと批判的な意見も書いて興味を惹きつける

 

などです。

 

このあたりのサブコピーを文章の間に、少し大きい文字で強調するだけでも、興味を持ってくれた読み手の人には効果絶大です。

 

「次が読みたい」

 

 

「真剣にこの人のブログを読んでみよう」

 

と思わせることが一番大切です。

 

このあたりを意識してすれば、興味を持って思わず読んでしまうサブコピーを作ることはそんなに難しいことではありません。

 

読み手の興味が持続できるように、サブコピーは常に視覚に入っている間隔にあると飽きませんし、サブコピーだけを読むだけで女の子に会えるイメージが膨らむ仕掛けをしやすいので、サブコピーの配置場所も意識しましょう。

 

特にLP(ライティングページ)を作成する時には最も有効になる方法です

 

LPやキラーページは、出会い系サイトのメリット・デメリットを紹介するためどうしても長い文章になってしまいますのでので、いかに興味を惹きつけて、いかに飽きさせないで、いかに読み手のイメージを膨らませることが出来るかが入会のカギになってきます。

 

ヘッドコピーやサブコピー、タイトルは読み手を惹きつける重要な部分ですので、意識して作成していきましょう。

 

※出会い系アフィリエイトの稼ぎ方は「ジェネシス」で0から解説しています。

 

出会い系アフィリエイト創世記「ジェネシス」の詳細はコチラ

 

この記事を読んで本気になった人は今すぐチャレンジしてください。

 

その一歩が人生を切り開きますので・・・

 

頑張っていきましょう。

 

それではまた次回

 

出会い系アフィリエイトで稼ぐための関連記事はこちら